[会員ホームML] 【厚労省:事務連絡案の共有】里親、ファミリーホーム及び自立援助ホームに対する受託支度費の支弁方法の変更について(2022/3/10)

措置費において、里親又はファミリーホームへの委託や、自立援助ホームへの入所について、「受託支度費」として、1人当たり44,630円(令和4年度予算案)を支弁することとなっています。 これは新たに委託や入所を行う際に、年齢等に応じた適切な環境を用意する観点から、初期費用として必要となる物品等の購入費用を想定したものとなっています。   受託支度費ですが、令和4年度から、定額を支弁する方法から、1人当たり単価(44,630円)を上限額とした上で、実費を支弁する方法に変更することとし、委託される児童や入所者のために支出される経費であることを明確化することとしました。 この取扱は令和4年4月1日から適用する予定であり、あらかじめご承知おきいただきたいことから別添の事務連絡を週明けに自治体へ発出予定です。 関係団体の皆様には事前に情報提供させていただきますのでご確認よろしくお願いします。 正式な事務連絡を発出しましたら改めてご連絡させていただきます。

   

お知らせ